カードローン 落ちる原因

MENU

カードローンに落ちる原因を知る

カードローンを利用したいと考えていても審査に落ちることがあります。

 

審査に落ちた理由について金融機関に問い合わせてもその原因を教えてもらうことは出来ません。

 

金融機関が審査に落ちた原因を教えないのは、再度申し込みをされた際にその原因を隠されてしまっては正しい審査ができないからです。

 

ただ、カードローンの審査に落ちる原因を知っておきたいという人も多くいます。

 

原因としては借りすぎや1か月以内に3社を超える申し込みがあるということ、利用限度額が大きいということ、支払いの遅延や滞納がある場合、そしてスーパーホワイトが原因であったり勤続年数が短い、申し込み書に記入ミスがあった場合や書類の不備などがあります。

 

スーパーホワイトについては、過去にローンカードやクレジットカードを持った経験がない人のことになります。

 

もし、審査に落ちたということであればなぜ審査に落ちたのかという原因を再度見つめなおすことが必要です。

 

そして審査の特徴を確認することも大切です。

 

カードローンは、審査の特徴を知った上で自分に合ったものをえらばなければ審査に通らないということも決して珍しいことではないのです。

 

審査に落ちたカードローンの保証会社を選ばないという方法もあります。

 

一度落ちてしまったカードローンと同じ保証会社のカードローンは、審査が通らない可能性が高いと考えられますので、別の保証会社のカードローンを選ぶようにしなければなりません。

 

そして審査におちても諦めないということも大切です。

 

カードローンを扱う金融機関はたくさんありますので、金融機関により審査の基準はそれぞれ違います。